最短20時間で合格!ITパスポート試験の勉強法

情報処理技術者試験

最短で20時間で合格する為の勉強法は、
過去問を解くことです!

では、勉強法の詳細と、
なぜ過去問を覚えるのがよいのか
その理由をご紹介していきます!

ITパスポート試験の勉強法の詳細

以下の順で勉強していけば、最短(およそ20時間くらい)で、
ITパスポート試験に合格できる水準まで持っていけます!

1.とりあえず過去問を解く
2.1で解いた過去問を完璧に覚える
3.1で解いた過去問以外の過去問を解く
4.あとは2~3を繰り返し

1.とりあえず過去問を解く

5年前の春か秋どちらかの過去問を、
とりあえず、時間はかって、自力で解いてみてください。
そして、何分かかって、何点とれたのか、何問目を間違えたのか、
必ず結果を控えて下さい

2.1で解いた過去問を完璧に覚える

暗記作業です!
繰り返し問題を解くのが
一番早く覚える方法です!

3~5周もすれば記憶が定着しますので、
頑張ってください。

1周目は時間がかかると思いますが、
5周目は1周目の半分くらいで解けるようになっていますので、
意外と時間はかかりません。

また、覚える際のコツですが、
問題文と回答の単語を結びつけるようにすれば、
覚えやすくなります。
例えば、AIに関する問題で回答がディープラーニングだとすれば
AI、学習、ディープラーニング
などの単語が出てきますので、これを結び付けて覚えます!
文章まるごと覚えるわけではないので、
各段に覚えやすくなるはずです!

3.1で解いた過去問以外の過去問を解く

次は、1で解いた過去問と別の過去問を解きます!
ここでも、時間をはかって自力で解いてください。
そして、何分かかって、何問正解したかを
必ず控えてください!

1で初めて問題を解いた時から、
点数が上がっているはずです!
問題自体は別ですが、似た問題が多く出題されている為、
解けるようになります!

4.あとは2~3を繰り返し

あとは繰り返しです。

解いた問題を5周くらいして完璧に覚える!
また、別のやったことのない過去問を解く!
結果を控えて、前回と比較する!
過去問を覚える!

これを直近の試験になるまで繰り返します!
最後に直近の過去問を解いたとき、
合格点をとれるようなら、
本番でも合格を十分狙えます!

もし、合格点をとれない時は、
参考書やネットなどを使って
自分が苦手な部分を重点的に勉強します。

過去問をずっと解いてきていますので、
自分の苦手分野はわかっていると思います。
もしわからなければ、過去問を解いたときに控えていた結果から、
よく間違えた問題をピックアップして、
参考書やネットで勉強すればよいです!

過去問を解くのが一番いい理由

では、なぜ過去問を解くのが一番効率がいいか、
その理由などを、ご紹介していきます。

理由は以下の3つです!

  • 過去問の流用は少ないが似た問題が多い
  • 4択なので暗記しやすい
  • 過去問は無料で手に入る

過去問の流用は少ないが似た問題が多い

ITパスポート試験の場合、
過去問の流用は少ないです。

なので、他の情報処理技術者試験の午前問題で使える、
過去問丸覚え作戦は通じにくいです。

ただ、それでも過去問を解くことは非常に重要です!
なぜなら、過去問と似た問題が出題されることが
ほとんどだからです。
バリエーションなんてそんなに作れません、
過去問覚えてたら、なんとなく回答できるものが
結構出てきます。

4択なので暗記しやすい

4択なんで、暗記は非常にしやすいですね。
問題文と正解の回答を1対1で覚えるだけなので、
すぐ出来ます。

これが参考書を暗記するとなったら、
結構大変な作業になります。
なんせ、図やら文章やらを何百ページも
覚える必要がありますからね。

もちろん、参考書の内容を理解して覚えるのが、
勉強としては一番正しいしとは思いますが、
その分時間はかかってしまいます。

過去問が無料で大量に手に入る

ITパスポート試験が始まって何年もたちますので、
大量に過去問が手に入ります。
とりあえず、過去5年分だけでも、
問題数として1,000問あります。
しかも全て無料!

これは、ほかの資格試験ではあまりないメリットです!
ベンダー系の資格試験だったら、
過去問だけで5,000円くらいすることもザラなので。

過去問の解説はweb上でいくらでも見ることが出来ます!
私が特におすすめするのが、過去問道場です。
ITパスポート 過去問
で検索すればトップに出るので
ほとんどの人が知っているとは思いますが、
↓のサイトです。

まとめ


最短で合格する為の勉強法は、
1.とりあえず過去問を解く
2.1で解いた過去問を完璧に覚える
3.1で解いた過去問以外の過去問を解く
5.以下繰り返し(最新年度になるまで)
です。

理由は、
流用はされないが似た問題が多い
問題文と4択の回答を覚えるだけなので覚える量が少ない
過去問は無料で大量に手に入る
からです。

この勉強法は、
資格取得だけが目的の勉強法です。
短い時間で覚えたことは、
同じように短い時間で忘れていきます。
合格した次の日には半分くらい忘れているかもしれません。

なので、きちんと知識を身につけたい方は、
参考書や、通信教育などを使って、
時間をかけて勉強してください。

タイトルとURLをコピーしました